NEWなみにのる

私たちに毎日訪れる朝。
朝の空気、匂い、少しずつ明けてくる朝の色。
みずみずしい時間。毎日違う表情。
朝が来るのはあたりまえだけれど、その時間帯がとびきり贅沢なものだと感じられる絵本が、日本のパステルカラーの魔術師、画家の久保田潤によって完成しました。絵描きであると同時にサーファーである久保田潤が、その朝最初の一本の波に乗るために、まだ薄暗い時間からの一部始終をシンプルに描いている。
得意とする水彩画の手法を選び、得意とする色味の中から、あえて好きな海と空の色である「青」選んで描かれた絵。ページをめくるたびに目に飛び込んでくる絵の描写と刻々と変化していく色のグラデーションに心が洗われ、喜びに包まれるような一冊である。
添えられた言葉もまた、絵と同様に必要最小限に削ぎ落されていて、一遍の詩のようになっている。
波乗りの気持ち良さだけでなく、大切な一日の始まりを大好きなシチュエーションに身を委ねる気持ち良さを伝えてくれるこの絵本は、サーファーや海好きにはもちろんのこと、すべてのナチュラリストに、また子供にも大人にもオススメしたい。

TITLE
なみにのる
ARTIST
久保田 潤
PAGE
36pages/4C
SIZE
230mm×230mm
PUBLISHER
Bueno!Books
PRICE
2,808 円 (tax included)
WEIGHT
840 (g)

注文数: